JUDGE&JUDGES

審査と審査員

title-JUDGE-1.jpg

審査員

本戦トーナメントのジャッジは、ヘッドジャッジ 1名、審査員4名の5名の審査員に加え、監査役1名の合計6名から構成されます。審査員は、JDSFブレイクダンス本部が審査経験、ルールを理解して公平な審査ができるかなどの点を総合的に判断したうえで任命をします。選手はブロックで指定された会場にて競技を行い、審査員はその様子をリモートで審査を行います。審査には、JDSFの採点システムを使用し、各ラウンド毎に採点を行い合計点数が高い方がバトルの勝利となります。

​点数に関しては、小数点以下第三位までを算出したうえで勝敗を決定しますが、それでも同点の場合はエクストララウンドとして1ラウンドを更に実施します。先行は変わらず青コーナーからとなります。

審査員の役割

審査員

各審査員は、競技において 4つの評価基準 と全ての小項目の採点を行います。

監査

審査に不正なく、守秘義務の基に公平な審査を行っているかどうかの監査を行います。